ロードマップのフォーカスエリア

Appeonはお客様の進化するニーズに応えるため、6~12か月の短いサイクルで製品の新機能をリリースすることを約束します。お客様のニーズは、既存のクライアント/サーバーシステムの長期運用から、クラウドへの迅速な移行にまで及びます。ロードマップの観点では、コア機能の維持、アプリケーションUIのモダナイズ、開発者の生産性向上、クラウドテクノロジー追加という4つのフォーカスエリアに分類します。

C/Sメンテナンス

PowerScriptで既存のクライアント/サーバーシステムを維持し、特にその安定性、セキュリティ、長期的な運用を確保します。

APIの有効活用

既存のPowerScriptビジネスロジックをオープンスタンダードとベストプラクティスに準拠したC# REST APIに移行します。

クラウドへの変換

VDIソリューションをリプレイスするために、既存のクライアント/サーバーシステムを非常に低いコストでクラウドに変換します。

クラウド開発

PowerScriptと一般的なUIテクノロジーでC# REST APIで動作する新しいクラウドアプリを開発します。

バージョン別の優先順位

Appeonは各メジャーバージョンごとに「どこに多くのエンジニアリングリソースを投入するか」、「製品のどの要素に大きな変更を加えるか」という点に対する優先順位をつけます。メジャーバージョンの優先順位は以降のリビジョンにも引き継がれ、製品を形作るベースとなりますが、通常はそれ以外の新機能や機能拡張も追加されます。

PowerBuilder 2022

check

ランタイムパフォーマンス - 新機能と内部最適化により、すべてのプロジェクトタイプ、32-bitクライアント/サーバー、64-bitクライアント/サーバー、およびPowerServerのランタイムパフォーマンスを向上しています。

check

開発の生産性 - 64-bitのクライアント/サーバーアプリケーションおよびPowerServerアプリケーションをデバッグできるようになりました。検索機能を向上させ、エディター画面のレイアウトも最適化しています。

check

互換性 - Windows OS、データベース、Webブラウザー、.NET Frameworkなど最新のサードパーティソフトウェアとの互換性を維持します。

すべての新機能 >

次のメジャーバージョン

check

生産性 - 最新のコード編集エクスペリエンスを提供し、改良されたIDEを使用することでより迅速に開発できます。いくつかの新機能には、コード補完、コード支援、コードナビゲーション、およびコードリファクタリングが含まれます。

check

互換性 - Windows OS、データベース、Webブラウザー、.NET Frameworkなどの最新のサードパーティソフトウェアとの互換性を維持します。

2022 機能リスト

通常では当社製品のメジャーバージョンに主要な新機能を導入し、次にお客様からのフィードバックに基づいてメジャーバージョンを数回改訂しています。主要機能を強化しながら新しいマイナー機能を導入し、長期サポートバージョンを提供します。

公開される今後の機能については最低限の計画であり、予告なしに変更される場合があります。お客様からのフィードバックが製品の計画に大きな影響を与えるため、特に改訂については完全な機能の一覧や詳細な情報を公開することができません。この情報は、近い将来にどのようなことが可能になるかを知るための参考情報としてご利用ください。また、6~12ヶ月のアジャイルなサイクルで私たちの進捗を確認することができます。

PowerBuilder / PowerServer ロードマップ

    フォーカスエリア :   UI    

• UIテーマ機能の強化

お客様のフィードバックに基づいて、UIテーマ機能をさらに強化します。

• 優先度の高いUI互換性問題の解決

PowerBuilderアプリケーションのUIが技術的な変更による互換性を維持していることを確認します。

• タブ付きドキュメントインターフェイス

タブ付きビューまたはクラシックビューで、MDIシートをレンダリングするための構成可能なオプションを提供します。

• グラフデータウィンドウの強化

高解像度ディスプレイをサポートし、データウィンドウの既存のグラフタイプの新しいモダンな外観をレンダリングします。

    フォーカスエリア :   コア    

• Windows OS/データベースの最新バージョンサポート

Windows OS/データベースの最新バージョンをサポートします。

• .NET 5 または .NET 6 Assemblyの呼び出し

PowerScriptから.NET 5 または .NET 6 Assemblyのネイティブ呼び出しをサポートします。

• 発見されたセキュリティ問題の解決

優先度の高いセキュリティ脆弱性問題が発見された場合に解決します。

• NativePDF印刷の強化

お客様のフィードバックに基づいて、NativePDF印刷機能をさらに強化します。

• 64-bitランタイムの最適化

64-bitアーキテクチャを活用するために、64-bitアプリケーションのパフォーマンスとメモリ処理を強化します。

• ネイティブメールクライアント

メールサービスのメールサーバーへの直接接続を有効にします。

• FTPClientオブジェクト

クライアントからFTP / FTPS / SFTPを介したファイルの直接送受信をサポートします。

• DropDownDataWindow / DropDownListBoxフィルター

フィールドに入力されたテキストにより、DropDownDataWindowアイテムとDropDownListBoxアイテムを自動的にフィルタリングします。

• データウィンドウをExcelとして保存

データウィンドウまたはデータストアをデータウィンドウの既存フォーマットを保持して、Microsoft Excelファイルに変換します。

• QRコードの生成

アプリケーションでネイティブにQRコードを作成するためのQRコード生成ライブラリを組み込みます。

    フォーカスエリア :   開発生産性    

• タブインターフェース

IDEで開いている複数のエディターをMDIではなくタブで表示します。

• 検索機能の強化

IDEでオブジェクトとコードの検索効率をさらに高めます。たとえば、正規表現で検索したり、コード参照にジャンプしたりします。

• 64-bitデバッグ

IDEが64-bitのPowerBuilderランタイムを使えるようして、デバッガーを64-bitのアプリケーションで使用できるようにします。

• インストール可能なクラウドアプリのデバッグ

PowerClient / PowerServerプロジェクトのデバッグをサポートします。

• Git / SVNの強化

バイナリPBLをGit / SVNにアップロードする必要がなくなり、PBLがバージョン管理されている場合に発生する可能性のある不要な競合、分岐または更新のエラーが修正されます。

• IDEコンパイル環境のアップグレード

Visual Studio 2019を使用してIDEをコンパイルし、非互換問題を解決します。

    フォーカスエリア :   クラウド    

• .NET 6のサポート

.NET 6上でPowerServerの実行をサポートします。

• HTTP/2およびTLS 1.3

最新のHTTPおよびセキュリティプロトコルであるHTTP/2およびTLS 1.3をサポートします。

• REST APIセキュリティの強化

証明書ファイルを使用してRESTful Web APIに接続します。

SnapDevelop ロードマップ

    フォーカスエリア :   クラウド    

• Kubernetesへのデプロイ

アプリをコンテナ化してKubernetesクラスターにデプロイします。

• Node.jsアプリの開発

JavaScriptでサーバーアプリケーションを構築するために、NodeJSによる開発をサポートします。

• マイクロサービスのサポート

gRPC通信を使用したスケーラブルなマイクロサービスの構築をサポートします。マイクロサービスのデバッグおよびテストをサポートします。

    フォーカスエリア :   UI    

• HTMLアプリの開発

HTML&CSS、JavaScript、TypeScriptなど、さまざまなHTML UIテクノロジーをサポートします。

• 主要なHTML UIフレームワークのサポート

React、Angular、Vueなど、主要なHTML UIフレームワークをサポートします。

• Razor Pagesのサポート

ASP.NET CoreのRazor Pagesによる開発、コンパイル、およびデプロイをサポートします。

    フォーカスエリア :   コア    

• .NET 6のサポート

.NET 6の開発、デバッグ、およびデプロイをサポートします。

    フォーカスエリア :   開発生産性    

• クロスOSデバッグとリモートデバッグ

Windows、Linux、およびMacOSで実行されているアプリのデバッグ、またはDockerコンテナで実行しているアプリをリモートでデバッグします。

• DBサーバーエクスプローラーでMongoDBのサポート

MongoDBでデータを検索または操作するために簡単な方法を提供します。

.NET Datastore ロードマップ

    フォーカスエリア :   クラウド    

• クラウドリレーショナルデータベースサービス

クラウドリレーショナルデータベースサービスへの直接接続をサポートします。

    フォーカスエリア :   コア    

• データのインポート / エクスポートの強化

インポート / エクスポート関数をリファクタリングし、パフォーマンスを向上させます。

• JSON処理の強化

JSON処理を改善するために、SnapObjectsで直接JSONライブラリを提供します。

    フォーカスエリア :   UI    

• データウィンドウUI属性

データウィンドウUI属性の.NET Datastoreへのエクスポートをサポートします。

リリース履歴ですべての新機能を確認しましょう!

PowerBuilderのリリースは、6~12か月という短いサイクルで行われます。