Appeonは、PowerBuilderを.NETのクラウドアプリ開発の最も生産的なツールに改良することを約束します。 可能な限りオープンスタンダードとオープンソースに従い、既存プロジェクトの最新化コストを最小にするための移行ソリューションを提供します。 また、PowerBuilderロードマップに掲載している機能を6~12か月サイクルで提供する予定です。

クラウドアプリ アーキテクチャー

Cloud App Architecture

クライアントサイド

私たちはネイティブUIテクノロジーが最良であると信じていますが、PowerBuilderをクラウドアプリ開発のための多目的なソリューションにしたいと考えています。  そのため、サーバー側のビジネスロジックは、ネイティブUIテクノロジー、ASP.NET Coreの両方と簡単に統合できます。

サーバーサイド

私たちの目的は、.NETのクラウドアプリ開発を簡単にすることです。
これが、新しい.NET DataStoreが.NET Coreと互換性がある理由であり、PowerBuilderがマイクロサービスやコンテナ化などの主要なクラウドネイティブテクノロジーをサポートする理由です。

バージョン別クラウド機能

SAPからPowerBuilderを引き継いだ瞬間からPowerScriptデスクトップアプリの「クラウド化」を開始しました。  しかし、ユーザーの声も取り入れて、メジャーバージョン毎に既存のクライアント/サーバープロジェクトの機能も強化しています。  今、PowerBuilder 2019は、クラウドアプリ開発用の魅力的なソリューションを提供しており、新しいバージョンが出るたびに、その機能はさらに向上していきます。

PowerBuilder 2019 Revisions

ユーザーのフィードバックに基づいて、Appeonは、主要機能の強化や小規模な新機能を導入など、PowerBuilderのメジャーバージョンを数回リビジョンアップして、長期サポートバージョンへ到達させます。 

リビジョンはユーザーのフィードバックに基づいているため、詳細または完全な機能リスト、正確なリリース日を公開することはできません。 ただし、PowerBuilder 2019 リビジョンの主な重点項目の概要から、近い将来に何が起きるのか理解することができます。 また、6~12か月の短いサイクルでPowerBuilder 2019のリビジョンを受け取ることができます。

PowerBuilder 2019 R3 – リビジョンフォーカス

C# 開発の強化

PowerBuilder 2019で登場したC#開発を強化するため、次の機能の一部またはすべてが2019 R3に含まれる可能性があります。

  • C# デバッガー強化
  • .NET Core 3.0/3.1
  • 非同期プログラミング
  • AWS AuroraやAzure SQLデータベースなど、より多くのデータベースをサポート

PowerBuilder IDEの強化

PowerBuilder IDEでのPowerScriptアプリ開発の生産性を向上させるため、次の機能の一部またはすべてが2019 R3に含まれる可能性があります。

  • IDEからPBランタイムを分離
  • 64bitデバッグ
  • 1つのライセンスで同一マシン上の複数バージョンにログイン

   PowerScriptアプリUI/UXの強化

PowerScriptアプリのUI/UXを強化するために、次の機能の一部またはすべてが2019 R3に含まれる可能性があります。

  • UIテーマ設定
  • RibbonBarコントロール

 PowerScriptアプリ統合強化

PowerScriptアプリと非PowerScriptアプリとの統合を強化するため、次の機能の一部またはすべてが2019 R3に含まれる可能性があります。

  • RESTClientを拡張による、すべてのデータウィンドウタイプサポート
  • PowerScriptアプリからのVB.NETアセンブリコール
  • WebBrowserとPowerScriptの統合を強化

REST APIセキュリティの強化

REST APIのセキュリティを強化するため、次の機能の一部またはすべてが2019 R3に含まれる可能性があります。

  • TLS 1.3のサポート
  • HTTP/2のサポート
  • 相互認証証明書を使用した認証

リリース履歴を確認して、すべての新機能を学習しよう!

PowerBuilderのリリースは、6~12か月の短いサイクルで受け取ることができます。